LINEを活用した学生募集における可能性

Pocket

今はどこの大学さんもLINEを使って学生募集をされていると思います。

今日はLINEを使ってどう行った募集を行っていくのかについて、

(1) LINEの利用状況について

LINEを月1回以上利用しているユーザーは7,000万人以上。現在スマートフォンは約8,600万台普及しているため、

スマートフォンユーザーのおよそ8割はLINEを利用している。その中でも毎日利用し
ているユーザーはおよそ70.8%となっています。

高校生のネット使用状況は、ノートPCが23.6%であるのに対してスマートフォンでは94.8%となっており、ほとんどの高校生がスマートフォンによってネットを使用しています。

高校生の「スマートフォンで普段していることは?」というアンケートの回答結果では、LINEが92.1%、Twitterが72.1%、Instgramが33.6%、Facebookが15.9%となっており、LINEが最も利用率の高いSNSとなっていることがわかります。

(2) LINE@の活用について

① メッセージ

・対象者にとってメリットのある情報を発信する。
・頻度の多い発信を控える。
・画像を積極的に活用する。
・硬すぎない文章で作成する。

② ホーム・タイムライン

・積極的に投稿する。
・内容はメッセージよりも軽いほうが好まれる。

(3) LINE@の新機能について

①リッチメニュー

・トークルーム下部に固定表示されるメニュー欄に、訴求したいWebページのURLなどを
遷移先として設定することが可能。

②動画/音声メッセージ

・動画メッセージおよび音声メッセ―ジの送信が可能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする